Top >  抗がん剤の副作用 >  抗がん剤による味覚障害について

抗がん剤による味覚障害について

抗がん剤による副作用のひとつに味覚障害があります。
抗がん剤による味覚障害は、どのような場合に起こるのか説明します。



抗がん剤による味覚障害は、抗がん剤治療を受けた患者の6割に起こると言われています。
しかし、抗がん剤による味覚障害はほとんどが自然に回復すると言われており、
治療終了から3週間ほどで味覚が戻ってくるケースがほとんどです。

一般の味覚障害とは違い、がん治療中に起こる味覚障害は、治療や薬剤の影響が原因のため、
予防することは困難です。
治療中は食欲もなくなり、吐き気や嘔吐などの症状も現れます。
そのため、味覚障害に対する対処療法や、家族よるケアが必要となります。
また、食事内容を工夫することも大切です。

【抗がん剤による味覚障害への対処】
・亜鉛を多く摂る
・食事を食べやすいものにする
・バランスの良い食生活を心がける
・香りで食欲を刺激する

抗がん剤による味覚障害は、抗がん剤により亜鉛の吸収が妨げられている事が考えられます。
医師と相談し、亜鉛の亜鉛の吸収を妨げられている抗がん剤を減らしてもらったり、
亜鉛が含まれる薬剤やサプリメントで、亜鉛を摂取するようにします。

また、家族や友人と食事内容を共有することも大切です。
食事内容を変えたことによる症状の変化を知ることは、患者の心理的負担を減らすことにも繋がります。


スポンサードリンク

その他抗がん剤,味覚障害,食思不振の情報

抗がん剤による吐き気・嘔吐の対策

抗がん剤治療の患者に共通する吐き気についての心配とその対策についてご紹介します。


帽子で抗がん剤による脱毛を乗り切ろう!
抗がん剤の副作用でまっさきに思い浮かぶのが脱毛だと思います。がんそのものの痛みや苦しみのほかに、抗がん剤の投与によって起こる様々な副作用は本当に辛いものです。

激しい吐き気や嘔吐に加え、関節の痛みなどその苦痛は味わった人にしかわからないものでしょう。それに加えて髪も抜け落ちてしまうのですから、心の傷も増えてしまいます。

抗がん剤はがん細胞だけでなく正常な細胞にも働きかけてしまうため、普段から活発に伸びる髪にも強く抗がん剤の影響を与えてしまうのです。

抗がん剤に対してもしっかりとした知識を!
今回は抗がん剤を打つ前に、心のケアについてお話します。
抗がん剤といっても、一概にすぐに打てばいいというものではありません。
抗がん剤は一回うったら、何回か持続的に打たなくてはいけないのです。

がん(癌)の治療をする前に【抗がん剤を使う前にガンを知る】
抗がん剤について理解する前にこれだけは知っておきたい、がんについて。

魚を食べるとがん細胞をやっつけられる!?魚油の効果解明!!
魚油は、肉や野菜に含まれる油とは、構造が違います。
新鮮な魚を食べたり、サプリメントとして摂取することができます。

癌に効く新健康食品!!ベータグルカン!!!
癌に効く新しい健康食品!!ベータグルカンについて!!

ベータグルカンは、大きく分けてキノコ類、酵母類、海草類に含まれる糖です

膀胱がんや乳がんにも効果がある健康食品はビタミンE。
がんに効く健康食品はビタミンE!!
膀胱がんや乳がんにも効果があるといわれています!

がんの腫瘍を小さくする!!代謝拮抗薬(葉酸代謝拮抗薬)!!
がんの腫瘍を小さくして、がん細胞を増えないようにする抗がん剤、
代謝拮抗剤薬(anti-metabolites)(葉酸代謝拮抗薬)とは。

がん細胞をこれ以上増やさない!!アルキル化剤!!
がん細胞を、これ以上増やさないようにする抗がん剤、アルキル化剤とは。

がんの腫瘍を小さくする!!代謝拮抗薬(フッ化ピリミジン系)!!
がんの腫瘍を小さくして、がん細胞を増えないようにする薬、
代謝拮抗剤薬(anti-metabolites)(フッ化ピリミジン系)とは。

がんを殺せる抗生剤?!抗がん性抗生物質
がんを殺せる抗生剤?!抗がん性抗生物質とは。

抗がん剤の副作用と戦う前に!!そのメカニズムを知る。
抗がん剤の副作用とは戦うことが可能です!!副作用を和らげる薬あります!!
その戦いの前に、まずは副作用のメカニズムを知りましょう。

抗がん剤の副作用と戦う!!薬で抗がん剤の副作用を和らげよう。
がんの治療のための抗がん剤には副作用はつきものですが、
その副作用を軽くする薬はたくさんあります!!抗がん剤の副作用と戦おう!!


抗がん剤の副作用

抗がん剤を摂ると、副作用が起こることは避けられません。抗がん剤の副作用と上手に戦っていきましょう!

関連エントリー

抗がん剤による吐き気・嘔吐の対策
抗がん剤による味覚障害について
抗がん剤に対してもしっかりとした知識を!
抗がん剤の副作用と戦う前に!!そのメカニズムを知る。