Top >  抗がん剤の種類 >  がん細胞を自滅へと導く!プラチナ製剤!!

がん細胞を自滅へと導く!プラチナ製剤!!

がん細胞を自滅へと導く抗がん剤、プラチナ製剤とは。



プラチナ(白金)製剤は、現代の抗がん剤治療において重要な役割を果たしています。
プラチナ(白金)製剤は、アルキル化剤などと同じく、DNAの二重らせん構造に結合して複製を阻害するはたらきがあります。
また、がん細胞を自滅させる方向へと導くはたらきもあります。

プラチナ製剤には、第1世代のシスプラチン、第2世代のネダプラチンとカルボプラチン、第3世代のキサリプラチンとオキサリプラチンがあります。

オキサリプラチン(エルプラット)

オキサリプラチン(エルプラット)はイリノテカンおよびフルオロウラシル(5-FU)とともに、大腸がん治療の「標準3剤」とされています。主に他剤と併用され、吐き気や下痢、末梢神経の障害(手足の痺など)、骨髄抑制などの副作用があります。

カルボプラチン(カルボプラチン、カルボメルク、パラプラチン)

カルボプラチンは第2世代のプラチナ製剤です。 シスプラチンとほぼ同じ効果を持ちますが、シスプラチンと比べると悪心・嘔吐や腎障害は軽くなっています。毒性を軽減するはたらきがあり、卵巣がんの標準治療薬として用いられます。

シスプラチン(アイエーコール、コナブリ、シスプラチンほか)

第1世代プラチナ製剤で、数多くのがんに有効性が認められています。 適応範囲が広く、現在の抗がん剤治療でも中心的な役割を果たしていますが、副作用も強く、その対応が課題となります。

ネダプラチン(アクプラ)

日本国内で初めて開発されたプラチナ製剤です。副作用を抑えることを目的に開発された抗がん剤で、腎臓に対する毒性はシスプラチンよりも穏やかです。しかし、血小板の減少をはじめとした骨髄抑制が強く現れます。
スポンサードリンク

その他がん細胞,抗がん剤,自滅,副作用,プラチナ製剤,白金製剤の情報

がんの腫瘍を小さくする!!代謝拮抗薬(葉酸代謝拮抗薬)!!
がんの腫瘍を小さくして、がん細胞を増えないようにする抗がん剤、
代謝拮抗剤薬(anti-metabolites)(葉酸代謝拮抗薬)とは。

がん細胞をこれ以上増やさない!!アルキル化剤!!
がん細胞を、これ以上増やさないようにする抗がん剤、アルキル化剤とは。

がんの腫瘍を小さくする!!代謝拮抗薬(フッ化ピリミジン系)!!
がんの腫瘍を小さくして、がん細胞を増えないようにする薬、
代謝拮抗剤薬(anti-metabolites)(フッ化ピリミジン系)とは。

がんを殺せる抗生剤?!抗がん性抗生物質
がんを殺せる抗生剤?!抗がん性抗生物質とは。


抗がん剤の種類

抗がん剤にはそれぞれのがんに合わせていろんな種類がありますどんなタイプの抗がん剤があるのか知ろう!!

関連エントリー

がん細胞を自滅へと導く!プラチナ製剤!!
がんの腫瘍を小さくする!!代謝拮抗薬(葉酸代謝拮抗薬)!!
がん細胞をこれ以上増やさない!!アルキル化剤!!
がんの腫瘍を小さくする!!代謝拮抗薬(フッ化ピリミジン系)!!
がんを殺せる抗生剤?!抗がん性抗生物質